映画と日常の気づき


by mat1427

ジョー・ブラックをよろしく

c0226099_19314366.jpg


監督  マーティン・ブレスト
出演  ブラッド・ピッド
     アンソニー・ホプキンス
1998年アメリカ映画



ニューヨークのメディアカンパニー社の社長ビル(アンソニー・ホプキンス)はどこからともなく響いてくる声を聞いた。「イエス」。次の日、愛娘のスーザン(クレア・フォーラニ)、彼女の恋人ドリュー(ジェイク・ウェバー)と共にヘリで仕事に向かっていたビル。彼を愛しているか?




初めて劇場で観た時、開始間もない衝撃的なシーンに、隣りに座っていた女性が悲鳴を上げた。 私もすごくびっくりしました。
その頃個人的にはブラピは好きではなかったので、ホプキンスの演技を堪能するだけでも楽しめました。彼にぴったりの役に思えるのは、演技力が優れているからでしょう。
その後、色んな作品で活躍してるブラピにも好感持つようになりました。
[PR]
by mat1427 | 2009-11-18 19:46