映画と日常の気づき


by mat1427

カテゴリ:未分類( 16 )

荒野の七人

c0226099_9231776.jpg

監督 ジョン・スタージェス
出演 ユル・ブリンナー
    スティーブ・マックィーン
    チャールズ・ブロンソン
    ジェームズ・コバーン
    ロバート・ボーン、他
1960年アメリカ映画




毎年刈り入れの時期になると盗賊に作物を奪われ、生活が追いやられていたメキシコの寒村の村人が、盗賊を追い払うために七人の凄腕ガンマンを雇い、壮絶な戦いに挑む。



黒澤明監督の「七人の侍」をモチーフにしたことで有名なこの作品、キャストも豪華だ。
マックィーンやブロンソンやコバーンは既に他の作品で惚れていたこともあって、
その後に見たこの作品ではユル・ブリンナーの強烈な個性を他の有名役者との
相乗効果で何度見ても圧倒される。
[PR]
by mat1427 | 2009-11-06 09:34

最高の人生の見つけ方

c0226099_12142985.jpg

監督 ロブ・ライナー
出演 ジャック・ニコルソン
    モーガン・フリーマン
2007年アメリカ映画




余命6ヶ月を宣告された二人の男が、死ぬ前にやり残したことを実現するために二人で冒険に出るハートフル・ストーリー。




二人とも大好きな俳優のひとりです。
ジャック・ニコルソンの堂に入った名演、モーガン・フリーマンの味のある名演、
二人とも相当なご年配のはずなのに衰えを感じさせない、それでいてこの作品の役柄にぴったりです。
何度でも観たくなる作品です。
[PR]
by mat1427 | 2009-11-05 12:20

世界最速のインディアン

c0226099_11341149.jpg

監督 ロジャー・ドナルドソン
主演 アンソニー・ホプキンス
2005年アメリカ映画





1960年代、ニュージーランドの南端に位置する田舎町インバーカーギル。独り小屋に住む67歳の男バート・マンローは、オートバイ1920年型インディアン・スカウトの改造に日々勤しんでいた。彼の夢は、ユタ州ボンネビル・ソルトフラッツへ渡米し、その愛車で世界最速記録に挑むこと。



最近はめっきり劇場で映画を観ることが少なくなったけど、この作品はその中で珍しく劇場で観ました。
その後もDVDで2度観ました。
アンソニー・ホプキンスの名演が光ります。あんなふうに夢を追い続けて生きてみたいと憧れます。
ひとつのことに没頭している一途さと人への誠実さで、関わる周りの人達は応援せずにいられない、そんな主人公を自分も心の中で自然に応援していました。
激しい興奮や緊張感が無くても、充分にワクワクさせて楽しませてくれる良い作品です。
[PR]
by mat1427 | 2009-11-04 11:34

明日に向かって撃て

c0226099_225951100.jpg

監督 ジョージ・ロイ・ヒル
出演 ポール・ニューマン
    ロバート・レッドフォード
    キャサリン・ロス
1969年アメリカ映画






荒くれ者ブッチとサンダンスは列車強盗を繰り返していたが、ついに鉄道会社から刺客を送られ、命からがら逃げのびる。二人は、サンダンスの恋人エッタとともに南米ボリビアへと逃亡する。


ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードの共演作は、スティングが一番のお気に入りだけど、この作品も昔のアメリカの雰囲気をとても感じられる映画だ。
[PR]
by mat1427 | 2009-11-03 23:00

竜二

c0226099_19463916.jpg

監督 川島透
故・金子正次の脚本・主演作
昭和58年/日本




新宿でやくざ稼業をしていた男が、足を洗って女房子供と平和な暮らしを始めるが、その生活になじめないまま、再びやくざの世界に戻ってしまうまでを描く。


おそらく初めて観たのは成人する前の頃。
ヤクザ映画ではあるものの、いわゆる任侠ものとは違い、
主人公の竜二が等身大の実在する人物に思えて物語に吸い込まれた。
決してハンサムではないが、素直に格好いいと感じた。
[PR]
by mat1427 | 2009-11-02 19:55

下駄箱



使い古されている下駄箱も、それほど汚れるものでもなく

依然として元気に務めを果たしています。

これもまた、姉あたりからもらったのか、かなり以前なので覚えてない

ですが、本来の靴入れとして使う他、バイクのメンテ道具や掃除用の

洗剤類を格納したりで重宝しています。

新居では玄関に備え付けのシューボックスがあり、下駄箱としては

それで充分足りる容量なので、持ってきた旧下駄箱は完全に

道具箱となりました。

トイレの室内にトイレ用の洗剤類を置くのは見た目が良くないので、

そういったモノも旧下駄箱に入れています。

新居の玄関内には、押入れくらい広い収納スペースがあり、

引き戸で腰高さの仕切りが付いています。

布団を入れておくには場所が違うのだろうと、布団は入れて

いませんが、割と奥行きもあるので、ここの下段に旧下駄箱を

置いています。ちょうど高さもぴったりです。

奥行きがあるので、旧下駄箱を手前に面合わせすると裏にまた

少し収納空間ができるので、あまり出し入れしないものを

置いておけます。

上段には収納ボックス(カラーボックスのちょっといい奴)を

2つ並べ、引き戸2枚は取り払って物置部屋に追いやりました。

引き戸が無いほうが、腰高さ仕切り台がちょうど帰宅時の

小物(鍵など)をほぃと置いておけるので便利です。


話しは変わりますが、最近TVでよくCMが流れている、

新選組リアン 男組 が気になります。

京都を盛り上げてほしいですね。
[PR]
by mat1427 | 2009-11-02 17:42